Diary

Cat

木鈴

一度もクラスが同じになったことないのに

女子高生だった私たちはどういうわけか気が合って、

それから今までずっと付き合いが続いている。

私が、私にしか書けない唄を書くんだ!と息巻いていた頃、

彼女は、彼女にしか作れないブーケを作るため花の勉強を始め、

私がアメリカでジャズに溺れている頃、

彼女はイギリスで道に咲く花を見つめ。

私が弾き語りを始めたころ、彼女は花屋の店長になった。

ライヴのあとには

「今のカワエのイメージ!」と言っていつも、

本当にたった今、野で束ねてきたような手作りのブーケを届けてくれる。

その花束を見て、ふうううん、今の私はこういうムードか

と気づかされたりもしてきた(笑)

彼女は今、小さい女のコのお母さん。

きっと、また木や花も新しい視点で見えてるんだろうなぁ。。。

その彼女がこないだ、ライヴのあとにくれたもの。


木鈴。

あなたには、ピアノにも使われてるっていう、かえでのやつね。

と言ってくれました。

なんかこれ、ほっとするよ!

庭に落ちてる実とか花とか食べまくっていた子供(でした)の頃の気分を

思い出すような、音がします。

minako

2010年3月31日 17:37

< prev   |  next >