Diary

Cat

to everyone

『さむがりやのサンタ』という絵本を、こどもの頃、

ぼろぼろになるまで見ていました。

サングラスをして雷をくぐる場面とか、好きで。

煙突から来てくれるサンタさんに、クッキーを用意しておいたりね。

今なら・・葛湯でも用意しようか。

9年前のクリスマス、

私のところに生後三ヶ月の黒猫がやってきました。

子猫を保護して、里親を探している方のお宅をたずねたら

そこにはたーくさんの子猫たちがいて、

一番人気はこの子ですよ、って紹介された真っ白なおすまし美人さん

二番人気のしっぽのきれいな三毛さんや・・

みんな気ままに遊んでいて、、あぁみんな可愛いなぁ~と眺めていたら

ふと目の前に、鼻をたらした黒猫が。

まっすぐこちらを見上げている、なんか宇宙人的な顔だち・・。

そして生まれつき声がほとんど出ないみたい。

しかし目が合った瞬間、口を全開にして、ニャー!と声なき声で何かを言い

帰るまでずっと私の周りをぐるぐるぐるぐるしていました。

どの子と過ごすか、一晩ゆっくり考えてくださいね、とお宅の方に言われ、

夜のラーメン屋さんでもくもくと湯気にまみれながら、

私はエイリアンみたいなその黒くて小さいやつのことをずっと考えていました。

あれから9年、

今朝起きて、メリークリスマス!と言ったら、

また声を出さずに、ニャー!と返事をしました。

緊急のときはホントは声が出るくせにさ(笑)

たまには猫ばかバナシもいいでしょう(笑)

クリスマスだから。

自分の周りのいろいろな、大切な存在を、再確認できるクリスマスが好きです。

冬~が好き~♪

ここをたずねてくれるみなさんへ

Merry Merry Christmas!!

minako

2009年12月25日 12:20

< prev   |  next >