Diary

Cat

更けゆく秋の夜

たぁーびのそーらーのー♪

僕らの音楽の録画してあったまっきーの回の、旅愁を聴いてから

なんとなく頭の中リピートしてる。

子守唄は心をこめて唄わないといけない、と何かの雑誌に書いてあった。

私が憶えてる好きだった子守唄ナンバー1は、祖母がよく唄ってくれた

   眠れよいこよーー草やまきばにーー
   鳥もひつじもーーみんな眠ればーー

という曲。ちゃんと調べると、草じゃなくて庭、ですね。まぁ私の耳は

祖母が唄った通りに記憶してしまってますが。

月は窓から銀の光をーーのあたりで、閉じた瞼の奥に思い描いた窓のかたち、

銀色の粉がさらさら降ってくるようなイメージを、今もくっきり憶えている。

子供のときの記憶はほとんどぶっ飛んでいるのに、不思議。

祖母なりのルバートで唄われたこの子守唄、、

私は今になっても何拍子だかさっぱりわからないのです。

でもそのまんま継承しようと思う♪

現在インドア生活まっただなかです。

外気を吸うのは、ほぼ洗濯ものを干したり引っ込めたりするときくらい。

でもベランダの戸の淵まで、秋の気配がおしよせていて

開けたらどわーーーっと流れ込んできて、こわいくらいだった。

ちょっとした浦島太郎。今度外に出るときはブーツかなぁ。

皆さんが耳におぼえてるナンバー1子守唄はなんですか♪


minako

2011年9月25日 16:08

< prev   |  next >